入れ歯

「むし歯かな」と思ったらまずは当院へ

むし歯・歯周病、事故による歯根破折など、抜歯処置が必要となるケースはいくつかあります。そのとき、治療を途中で止めて、失った歯をそのままにしている方がいらっしゃいます。
他の歯で噛めば食事には困らないからと放置されているのかもしれません。しかし、このままでは他の歯にも影響が及ぶ恐れがあります。

歯は力を与えられるといつでも少しずつ動くことが出来ます。隣の歯や噛み合わせの歯、唇や舌の動きの中で最適な場所にとどまっています。一本歯がなくなるだけで隙間ができ、そこに隣の歯が傾いてきます。
また、噛み合わせの歯が伸びてくることもあります。こうなってしまうと、今度は歯列矯正が必要になってしまいます。そうならないように、歯を抜いたら早めに治療をお薦めします。

入れ歯はこんな方にお薦め

  • 歯がすべて抜けてしまった方
  • 抜けた歯の治療を手軽に行いたい方
  • インプラントの適応が難しいと言われた方
  • 手入れがしやすい方が良いという方

保険から自費診療まで様々な種類があります

失った歯を補うにはインプラントと入れ歯の2通りの選択肢が考えられます。顎の骨の状態や全身疾患の有無、費用を含む患者様の希望を考慮して治療法を決めていきます。
補う歯の数に合わせて、部分入れ歯およびブリッジ、総入れ歯のいずれかを適応します。形態が分かれているため、入れ歯はほぼすべての人が適応可能な治療法です。

保険適応のタイプから金属床など様々な素材の自費診療まで複数の種類があるため、希望の素材が選べます。

入れ歯の種類

シリコン義歯

歯肉にかぶせる義歯床の部分がシリコンでできている入れ歯です。
素材が柔らかいため、装着時の痛みが少ないのが特徴です。汚れが比較的つきやすいため、こまめな洗浄が必要です。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯は金属のバネで隣の歯に引っ掛けて装着するものでしたが、ノンクラスプデンチャーにはバネがありません。
そのため、高い審美性を保ったまま、歯を補うことが出来ます。

金属床の義歯

義歯床が金属でできた入れ歯です。
保険診療のレジン床よりも薄いため、装着時の違和感が少なくて済みます。比較的汚れは付きにくいと言えるでしょう。飲食物の温度を感じることが出来ます。

分院情報